食べて痩せるダイエットに成功!リバウンドしないダイエット

食べて痩せるダイエット方法こそリバウンドしないダイエットです。この方法で10キロ以上痩せたら、食事や運動など気を付けるポイントが分かってきました。リバウンドで過食を繰り返していた私でもできた痩せやすい体作りを公開しています。

くびれがないのは何が原因?セクシーなS字カーブを作るには何が足りない?

f:id:nalu_life:20180528212439j:plain

 

アラサーにもなってくると10代の頃と同じダイエットをしてもすんなり痩せない人は多いんじゃないでしょうか?

 

私ももれなくだんだん痩せづらくなってきたうちの一人です・・・

昔は食べても食べても贅肉が付かないお腹が自慢でした。

 

お風呂に入るときに、洗面所で服を脱いでいると、洗濯物のタオルをしまいにきた母に「あんたはお腹ペラペラでいいね~」なんて言われて浮かれておりました。

 

習い事のダンスから帰ってきて、夜ご飯ができるまでの間にポッキーを何箱食べようときのこの里とたけのこの里とどっちを食べようか迷って、結局両方食べようと脂肪がつく気配すらありませんでした。

 

毎日習い事を2つも3つもこなす日々が終わって、今じゃデスクワークでほとんど動かくなった私です。

 

今じゃ、食べすぎれば真っ先にお腹がぶよぶよになります。

 

ふと鏡に映ったお腹を見てみると、くびれがほぼなく寸胴状態だったんです。

 

「こんなに色気のない腹ある?」と本気で思ってしまいました。

 

そういえばスカートもきつくなってきたし、このままだとおばさんみたいな体型にまっしぐらや!!と少し焦り始めたんです。

 

せめて女性らしいくびれだけは確保しておきたいと涙目になりながら願うようになりましたので、お腹を絞ることにしました。

 

「お腹に肉があるからダメなんや!腹筋して鍛えればきっと絞れてなくなるはず」

 

と、ひたすら腹筋運動をしてみたことがあります。

そして、見事美しいくびれができ・・・・・なかったのです。

 

「なんでじゃーーーー!?!?」

と鏡で自分のウエストを見て発狂してしまいました。

 

脂肪の下に硬くなった筋肉は感じられるけど、肉で埋もれてるだけ!!

 

そこでようやくくびれを作るのに効果的なのは腹筋運動じゃないと知ったのです。

筋肉を鍛える上で腹筋運動ももちろん大事だけど、それだけじゃ全然足りなかったんです。

 

くびれで大事なのは「お尻」でした。

後ろに隠れていてよく見えませんでしたが、頑張って体をよじって鏡で自分の後ろ姿を見てみると、お尻がものすごく垂れ下がっていたんです。

 

「んん!?なんじゃこのだらしない尻は!?」

そうなんです。

体育や部活で体を動かしていた日々から一転して、今や全く動かくないデスクワークの日々です。

 

その間にしぼんでいくように筋肉が少しずつ細く弱くなっていたんですね。

支える筋肉がないから尻も下がっていたんです。

 

そこで腹筋ばかり力を入れていたのをスクワットで踏ん張ってみることにしました。

 

スクワットって太ももにしか効かないイメージがありましたが、やってみると実はものすごくお尻にもウエストにも効くことが分かります。

 

尻は贅肉だけでは垂れてしまいますが、スクワットで踏ん張ってお尻の筋肉が鍛えられるとだんだんパンッと桃のようにはじけてピチピチのお尻ができあがるんです。

 

その尻からお腹にかけてのラインが鍛えられることではじめてくびれなるものが姿を現しました。

 

10代の頃は食べないだけで余裕でこのくびれを手にすることができていました。

 

ご飯を減らさずともお菓子をちょっとやめるだけでみるみる引き締まった体になっていったのを覚えています。

 

今思えばそれって、部活や体育、習い事で鍛えた筋肉がなせるワザなのだなぁと思います。

 

10代は食べないダイエットでくびれを作りますが、20代、30代は食べて鍛えてこそきれいなくびれができるんだって実感しました。

 

そして念願のくびれを手にした後は・・・・