食べて痩せるダイエットに成功!リバウンドしないダイエット

食べて痩せるダイエット方法こそリバウンドしないダイエットです。この方法で10キロ以上痩せたら、食事や運動など気を付けるポイントが分かってきました。リバウンドで過食を繰り返していた私でもできた痩せやすい体作りを公開しています。

体重を計るだけで痩せる?毎日体重計に乗ってダイエットした結果・・・・・

f:id:nalu_life:20180530004030j:plain

本屋にもネット上にもいろんなダイエット法が溢れかえっていますが、私が出会った中で一番簡単でシンプルなダイエットが、「体重計に乗るだけダイエット」です。

 

毎日決まった時間に体重計に乗って自分が今何キロなのかを把握しておくことで、食事のときや日々の生活の意識が変わり結果痩せられるという方法らしいです。

 

なるほどと思った私はもちろんこのダイエット法を試してみたことがあります。

 

モデルの道端アンジェリカさんか誰かが必ず毎日体重計に乗るようにしているというのを聞いて、真似してみようと思ったことがきっかけです。

 

5キロ太ってしまったのを元に戻すのは大変だけれど、1キロだったらそんなに苦労せずに戻せる。

だから、自分の体重を把握しておくことはダイエットには大切というのがこのモデルさんの持論です。

 

さすがだなぁと思いました。

 

さっそく半年間くらい毎日体重計に乗って体重を記録してみました。

この他に、食事を大幅に制限したり、運動量を上げたりなどはしていません。

 

ただひたすら手帳にその日食べたものと体重を記録してみたんです。

 

その結果・・・・うん、痩せはしないけど太らない効果は十分にあると思いました。

痩せた後に体型をキープするためにはすごい効果的だと思います。

 

自分の体重を知っていると、実際に食べ過ぎや余計な買い食いを防ぐ効果がありました。

 

今の自分の体型に対して危機感があると、さすがにコンビニにいってブラックサンダーアイスをたくさん買い込む気にはならないんです。

 

ただ、ダイエット中は体重計に乗りすぎることは逆効果にもなるなと思いました。

 

例えば、食事制限や運動をしっかり行っていて体重も毎日把握しているのに、全く数字が減っていかないとなるとそれがすごくストレスになってきます。

 

体重って不思議なもので、ストレートに減っていくわけではないんですよね。

 

50→49→48→47→46→45というふうにすんなり減っていくことなんて稀で、生理や停滞期を迎えると減らないし、むしろ増えることもよくあります。

 

食事制限も運動も頑張っているのにむしろ体重が増えるとすごく落ち込むし、やる気もなくなってしまう原因になるんですよね。

 

体重が減るときって、50→49→48→49→49→47→46→48→47みたいな感じでジグザグを描くようにじりじり減っていくもんだと思います。

 

あまりに急激に脂肪や筋肉が減ると体も危険だと判断してしまいますので、頑張っているときこそ体重計の数字はほどほどにして体の見た目を重視するほうがいいと私は考えています。

 

体重計に乗るだけで痩せるほどダイエットは簡単ではないけれど、太るのを防ぐにはすごく有効な手段です。

 

私は今は体重はそれほど気にしていませんが、筋肉量や体脂肪率は記録していて、体型キープやモチベーション維持に効果を発揮しています。

 

そのおかげですっかり変わってしまいました・・・