食べて痩せるダイエットに成功!リバウンドしないダイエット

食べて痩せるダイエット方法こそリバウンドしないダイエットです。この方法で10キロ以上痩せたら、食事や運動など気を付けるポイントが分かってきました。リバウンドで過食を繰り返していた私でもできた痩せやすい体作りを公開しています。

ダイエットでリバウンドを防止するには?上手に痩せればリバウンドはしない

f:id:nalu_life:20180603125534j:plain

ダイエットで難しいことは体重を落とすことよりも、落とした体重をキープすることだと思います。

 

どんな方法でもよければ体重を落とすことは比較的簡単にできますが、そこからその体を維持していくためにはちょっと考え方を変えるといいかもしれません。

 

私も今まで何度もダイエットに挑戦して成功したり、リバウンドしたりしながら試行錯誤しているうちに今の美容体重までたどり着きました。(約13キロ痩せました)

 

10代の頃にやっていたダイエットと同じ考え方では全くうまくいきませんでしたが、年齢に合わせたダイエットをすればきちんと痩せた体をキープできると思っています。

 

私の実体験をもとにリバウンドしないためのポイントをお伝えさせて頂ければと思います。

 

1.リバウンドは体からのギブアップの声

リバウンドというのは跳ね返るという意味ですが、文字通り落とした体重が跳ね返って元に戻るかさらに増えてしまうことです。

 

自分ではこのまま体重を落としていきたい、またはキープしたいと思っているのに、自分の意に反して痩せることとは逆の行動をとってしまったという結果です。

 

・自分=痩せたい

・体=元に戻したい、体重を増やしたい

 

このように自分と体の意思が一致していないために、リバウンドという結果を招いてしまっています。

 

リバウンドをしてしまいそうな危機が今もあるなら、ダイエットをしている今の自分の感情と向き合ってみるといいかもしれません。

 

私の場合、今まで一番リバウンドしたダイエット方法は断食でした。

 

断食はデトックス効果もあると言われているので、食べ過ぎの現代にはいい健康法かもしれませんが、痩せることを目的とした場合はあまりいい選択肢とは言えないと思います。

 

でも当時の私は周りからどう見られているかを必要以上に気にしていたため、早く結果がほしいと思っていました。

 

断食はカロリーがほとんど体に入らないため、ものすごいスピードで体重計の数字が減っていきます。

たった数日で3キロ痩せたのを見ると、すごくうれしく感じました。

 

でも、その喜びとは裏腹に常に飢餓感で頭がいっぱいでした。

「あ~お腹すいたなぁ。。。ミスドのドーナツ全種類思いっきり食べたいなぁ」

なんて深夜にミスドのHPを見ながら想像していたくらいです。

 

つまりダイエット自体がものすごくつらくて苦しいものでした。それでもやったのは、体重があっという間に落ちる一時的な快感があったからです。

 

今実践しているダイエットは充実した気分にさせるものでしょうか?それとも、常に苦しさを感じさせるものでしょうか?

 

自分は痩せたいと思っていても、体はこの“つらい”という感情を見逃しません。

体には生命を維持する使命がありますので、この“つらい”という感情を無視することができないのです。

 

「つらくて苦しいなら、元に戻ろうよ?」と、そんなふうに無意識下で働きかけてくるのです。

f:id:nalu_life:20180603125712j:plain

2.ダイエットしていることが体にバレてはいけない

もし自分の意思を100%コントロールできるのだとしたら、ダイエットってすごく簡単だと思うんです。

 

一度決めたことを難なく守り通せる、それくらい自分の意思を自分でコントロールできるならダイエットはもっともっと楽なものだったと思います。

 

でも、現実は痩せたいという意思とは裏腹にリバウンドという結果を招いています。(意思が弱いだけと言われればそれまでなんだけど)

 

なので、本気で痩せた体を手に入れるためには、体(脳)に気付かれてしまってはダメなのです。

 

体は脂肪や筋肉や骨が急速に消失していることに気が付いたら、びっくりしてしまいます。そうすると、すぐにダイエットの邪魔をし始めるのです。

 

だからもし今標準体重よりも少し重いくらいの体であれば、ダイエットをしているというよりは、生活習慣が変わったという意識を持つといいと思います。

 

つまり数日で3キロも4キロも落とすのではなく、1か月に1キロくらいのゆっくりしたペースでじわじわ痩せていくイメージです。

 

私はこのペースで痩せてからもう7年くらい経ちますが、未だにリバウンドをしていません。

 

もし今も夜ご飯の後にポテトチップスを食べているとしたら、ダイエットのためにポテチをやめるのではなく、太っていた頃はポテチを食べていたけど、生活習慣が変わって今はあまり食べなくなったと考えるようにします。

 

3.確実に痩せた体を手に入れる食生活

そうはいってもなかなかポテチをやめるのは難しいかもしれません。

それはダイエットの成果が出ているといういいサイクルに入れていないからです。

 

私も含めて人は飽き症で、結果が見えないものに対して頑張ることができません。だから、断食のような早く成果が出るものに惑わされてしまうのです。

 

断食は脂肪よりも筋肉や骨が減っています。筋肉と骨が減った状態で、リバウンドすると前よりも脂肪の多い体になってしまいます。

 

体重計の数字が減った=脂肪が落ちたとは言えないですよね。

 

リバウンドしないために1か月1キロのペースではじれったくなってしまうかもしれません。じりじり痩せて美しいボディラインを作るなら、筋トレは絶対に重要です。

 

今は筋トレをする女性も多くなってきていますが、それは体重がすんなり減らなくてもボディラインが確実に変わるからです。

 

みんなそこに面白さを感じているんだと思います。

 

毎日1時間も死にそうなるまでやらなくても、15分やるだけでも違ってきます。

いい運動をしていると体に優しいものを食べたくなってくるので、ここからダイエットのいい循環に入れるのです。

 

〇〇ダイエットと言われているようなあらゆる方法が世の中にはありますが、結局食事と運動が最もリバウンドするリスクが低いと感じています。

 

体重計の数字だけにとらわれずに上手にダイエットしていきたいですね!

(しかも筋肉がしっかりつけばたまに甘いケーキを食べても太らないのですよ・・・笑)