食べて痩せるダイエットに成功!リバウンドしないダイエット

食べて痩せるダイエット方法こそリバウンドしないダイエットです。この方法で10キロ以上痩せたら、食事や運動など気を付けるポイントが分かってきました。リバウンドで過食を繰り返していた私でもできた痩せやすい体作りを公開しています。

焼肉でも太らない食べ方があった!部位によって太りやすさが違うって本当?

f:id:nalu_life:20180612220125j:plain

焼肉に誘われたけど、ダイエット中だから断るべき?

 

痩せてきれいになるためとはいえ、ダイエットを続ける限り永遠に我慢していてはつまらない人生になってしまうと思います。

 

焼肉を食べたら痩せないなんてそれはただの思い込みかもしれません。私も焼肉は喜んで行きますが、ダイエット中でも構わず行っていましたよ。

 

食べてもしっかり痩せる!ことを目標にしていましたし、今でも痩せるためにしっかり食べることを意識しています。

 

焼肉に太るイメージがあったとしても、食べ方次第で太ることは防げます。どの部位をどんなふうに食べたらダイエット中でも効果的なのかを私の体験を交えながらお伝えしていきたいと思います。

 

一晩の焼肉で太るわけではない

脂ののったジューシーなお肉を目の前にして、みんなとおしゃべりを楽しんでいるといつの間にかたくさん食べてしまいますよね。

 

それが焼肉の楽しいところでもあり、ダイエッターを悩ませるところでもあります。

でもよくよく考えてみると1キロ太るためには約7500キロカロリーの余分なエネルギーが必要なのです。

 

一晩の焼肉だけでここまで高カロリーを摂取しようと思ったらかなり大変です。それよりも、焼肉によってダイエットスイッチが完全にオフになってしまうことが太る原因なのです。

 

「昨日は焼肉いっぱい食べちゃったし、せっかく今まで頑張ってきたけどもうお菓子もアイスも食べちゃおう」とだらだらし始めると余分なカロリーが積み重なって太ってしまうんですね。

 

ダイエットでとても大切なのはメリハリをつけることです。

焼肉は焼肉で思いっきり楽しむ、そして次の日からはまた切り替えて規則正しく生活していけるかがポイントです。

 

焼肉は栄養豊富なダイエット食

焼肉にはハラミにようにヘルシーで低カロリーのものもあれば、カルビのように比較的高カロリーのものまでいろいろな部位があります。

 

確かにカルビは100グラムで500キロカロリー近くありますし、白米と一緒に食べればさらにカロリーは上がります。

 

ですが、菓子パンのカロリーを思い出してみてほしいのです。

空気のようにふわっふわで食べた気が全くしなくても、メロンパンを1個食べるだけで軽く500キロカロリーはあります。

 

菓子パンには糖質ばかりでほとんど栄養がありませんが、焼肉には体を作るための栄養素が豊富に含まれているのです。

 

 

菓子パンにはない栄養素がたっぷり含まれているので、菓子パンと同じだけのカロリー摂取したとしても体が栄養不足にならず太りにくいのです。

 

慌てず低脂質低カロリーのものから注文する

お腹がペコペコの状態で焼肉屋さんに行くと、お肉が焼けるいい匂いにつられて、冷たいドリンクと脂たっぷりのカルビに白米を注文したくなってしまいます。

 

せっかくのダイエット効果をパーにしないためにも、慌てず低カロリー低脂質なものからお肉を楽しみましょう。

 

最初はサンチュなどの野菜から食べるのがいいのですが、ひたすら最初は野菜だけというのも味気ないと思います。

 

なので、サンチュを食べつつハラミやヒレなど赤身の多いお肉から食べます。お腹がペコペコのときは、吸収されやすいので脂肪分の低いお肉や野菜で血糖値の急上昇を防ぐようにするといいですよ。

 

一通り赤身のお肉やレバー、ホルモン系を楽しんだら、次はカルビやタンなどジューシーなお肉も食べちゃいましょう。

 

途中でキムチなどの発酵食品を挟むと、腸内環境がひどく乱れるのを阻止してくれます。お肉ばかりだと悪玉菌が増えておならも臭くなるので、消化吸収が滞らないようキムチも忘れないようにするといいです。

f:id:nalu_life:20180612220606j:plain

冷たいドリンクはほどほどに、なるべく体は温める

熱い鉄板を前にお肉を焼いていると、冷たいドリンクが飲みたくなる気持ちは分かります。

それにつられてぐびぐび飲んでしまうと、内臓が冷えて消化活動が低下してしまいます。

 

食べた物がなかなか消化されないと翌日になっても、体が重くダイエットのモチベーションも下がってしまうかもしれません。

 

最後にはなるべく卵スープなどで体を温めて終わるのもオススメです。

 

糖質ダブルはなるべく避ける

焼肉屋には栄養豊富なお肉とともに糖質もかなりあるので、ダイエット中の人は注意が必要です。

 

焼肉のタレ+白米

白米+ラーメン

ラーメン+デザート

などなど・・・糖質のダブルパンチ、トリプルパンチのように気付けばたらふく炭水化物を摂取してしまう罠があります。

 

炭水化物は食べる量を先に決めておいて、あとはサンチュやキムチでカバーしながら食べるようにしましょう。

 

食べ過ぎてしまっても落ち込まなくていい

焼肉屋に行く前は、ダイエット中だから食べ過ぎないように気を付けようと思っていても、楽しんでいるうちに食べ過ぎてしまうことがあると思います。

 

ご飯を決めていた量より食べてしまったり、みんなにつられてデザートを追加してしまったり、締めのラーメンもがっつり食べてしまったりと・・・

 

もしかしたら翌日は内臓も体も重く、実際に体重計の数字が増えているかもしれません。

 

だからと言って食べたお肉やご飯がすべて脂肪になったわけではありません。食べ過ぎた分のエネルギーは体の中にストックされていますので、また普段の生活の中で使い切ることができれば、余分な脂肪にならずに済むのです。

 

一番大切なのは焼肉の食べ過ぎに引っ張られないことです。

 

焼肉をきっかけに食生活が乱れるとエネルギーが使い切れず、それが脂肪になってしまいます。

 

そうではなくて、焼肉で補給した栄養をもとにまたヘルシーな生活を心がけていけばいいのです。カロリーだけでなく、美容に大切な栄養素をたくさん補給できているはずなので、正しくダイエットを続ければ必ずきれいになれますよ。