食べて痩せるダイエットに成功!リバウンドしないダイエット

食べて痩せるダイエット方法こそリバウンドしないダイエットです。この方法で10キロ以上痩せたら、食事や運動など気を付けるポイントが分かってきました。リバウンドで過食を繰り返していた私でもできた痩せやすい体作りを公開しています。

痩せやすい食事って結局どんな食べ物を食べればいいのか?

f:id:nalu_life:20180613223656j:plain

ダイエットで食事改善は絶対に必要です。

 

食事がめちゃくちゃなのに、一生懸命運動をしてもアクセルとブレーキを同時に踏んでいる状態になっていずれ疲弊してしまいます。

 

私はダイエット中でもあっても食事は楽しいものではなくてはならないと思っています。

毎日必ず摂る食事が我慢の連続でつらいものだったら、ダイエットはまるで修行のように耐え忍ぶものだと勘違いしてしまいます。

 

食事改善は自分の人生をもっと豊かに健康にするためのもの、痩せて美しい体はその延長にあるものだと考えています。

 

実際に今よりも痩せやすい体にするためにはどんなふうに食事改善をしていくべきなのか、そのコツをお伝えしていければと思います。

 

私も実際に取り入れて10キロ以上痩せた方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

食事を制限する前に栄養のないものを減らす

ダイエットの食事改善で私が一番最初にしたことは、どれほど栄養のないものを食べているかをきちんと把握することです。

 

食事は日々のお金の使い方と似ています。

お金には3つの使い方があって、それぞれ「消費」「投資」「浪費」に分けることができるのです。

 

  • 消費・・・生活に最低限必要なもののために使う
  • 投資・・・将来的に支払った以上の価値が見込めるものに使う
  • 浪費・・・なくても必要のないもののために使う

 

毎日の食事で食べているものもこの分け方に当てはめることができます。

 

毎日必要最低限食べている食事は、「消費」に当たりますし、健康を考えて高たんぱくな食材や無添加の野菜は「投資」に当たると言えます。

 

逆にカロリーばかりで栄養素がないお菓子は「浪費」に当たります。

浪費ばかりしている人は、価値のあまりないものにお金を使ってしまっているため、財布にはいつもお金がなくどんどん価値のない人間になってしまいます。

 

それと同じで食事で「浪費」ばかりしていると、体にいつも栄養素がなくどんどん痩せにくい醜い体になってしまうのです。

 

私はまずお菓子をどれだけ食べているかを手帳に書き出し、食事とお菓子の比率を変えることにしました。

 

食事は必ず摂り、お菓子は食事を食べた後でも食べたかったら食べるというルールに変えたのです。

 

たんぱく質と野菜の割合を増やす

手帳に食べた物をしばらく書き出してみると、やはり太っていた理由が見えてきます。

 

分かっているつもりでも、食べた物を視覚化すると自分の想像以上に「浪費」の食べ物が多く、「投資」の食べ物が少ないのです。

 

私は炭水化物が圧倒的に多く、明らかにたんぱく質と野菜が不足していることが分かりました。

すぐにお菓子を食べたくなってしまう原因がここにあったのです。

 

たんぱく質や野菜がとれていないのにダイエットのために腹八分目にしようとするので、すぐにお腹がすいてお菓子を食べてしまうのです。

 

なので、食事の量をを増やしてお肉と野菜を毎回必ず食べるようにしました。

 

f:id:nalu_life:20180613224821j:plain

調理はシンプルに、素材を楽しむ

たんぱく質や野菜を摂るためとはいえ、毎回凝った調理は非常に面倒くさいです。

 

料理好きで料理が趣味でストレス発散になる方はどんどん創意工夫してやってほしいのですが、私はどちらかというと面倒で手軽なお菓子に逃げてきたタイプなのです。

 

だからダイエットのためとはいえ、毎日ひき肉をこねたり、調味料を細かく配合したり、皮で包んだりしていたら疲れてそのうちやらなくなってしまいます。

 

だから面倒なことはなるべく抜きにして、たんぱく質と野菜を食事にプラスするようにしています。

 

お肉だったらしゃぶしゃぶにして山盛りの野菜にどーんと乗せたり、冷奴や野菜サラダなど素材をそのまま食べるようにしています。

 

素材をエビやタコなどシーフードに変えたり、旬の野菜を入れたりすることで飽きずに食べることができるのです。

 

今まで大好きで食事代わりに食べてきたお菓子や菓子パンは我慢するのではなく、体にいいものを選んで食べる意識を持つようにしています。

 

たっぷりお肉と野菜を食べた後でも、甘いものが食べたいときは我慢せず食べてしまいます。

 

栄養を摂っていれば甘いものの暴食が起こりづらくなることが実感できましたし、食後も甘いものが食べたいときは生理前だったりするのです。

 

最後に

少し前まではお肉には太るイメージがありましたが、全く嫌悪する理由もないほどダイエットには大切な食材です。

 

毎日体の中では古いたんぱく質と新しいたんぱく質が入れ替わっているので、最低でも自分の体重分のたんぱく質は食べるように気を付けています。

 

食事制限だけで痩せようとしていた頃は必死にカロリー計算ばかりしていましたが、今は食品の表示を見てたんぱく質がどれだけ摂れるかを計算しています。

 

毎日体重分のたんぱく質を摂ろうと思ったら、菓子パンなんて食べているお腹の余裕はなくなります。

 

私のようにひどい食生活をしてきたな・・・という自覚のある方は特に食事改善をするだけでもダイエット効果が目に見えて現れます。

 

食事で体が変わってくるとダイエット中でも食事を楽しめるようになるので、そうなったらもうこっちのもんです。